Blog
2017/09/19

ゴワつき、くすみ、乾燥が気になる秋に♪乳液と化粧水でつくる美肌レシピ

0
391 view

こんにちは。Café de DECORTÉです。
暦の上では秋ですが、まだ暑い日が続きますね。

夏の間に受けた紫外線やエアコンの影響などで、そろそろ肌のダメージがピークになる頃かもしれません。そのままにしておくと、ゴワつき、くすみ(※)、乾燥、シミなどの原因になることも…。

これからの乾燥する季節に向けて、乳液(エマルジョン)と化粧水(ローション)による基本のお手入れで、蓄積したダメージを回復しながら、肌のコンディションを整えましょう。

※水分不足・角質肥厚・血行不良によるくすみを指します。

エマルジョンとローションで、柔らかくしなやかな肌へ

紫外線や乾燥でストレスを受けた肌は、柔軟性が失われています。日差しの影響でゴワゴワ、乾いた空気や下がりはじめた気温でカサカサ…。そんな時は、油水分をたっぷり与え、柔らかくしなやかな肌に保つことが大切。

ローションのみのお手入れに比べ、エマルジョンとローションを使ったお手入れのほうが、水分・油分・柔軟性がある肌につながることがわかっています(コーセー調べ)。ついローションだけですませてしまうという方は、エマルジョンとローションによるスキンケアを試してみませんか。

 

STEP1 エマルジョンの使い方

セルジェニー エマルジョン/エマルジョンER(よりしっとりタイプ)
商品詳細はこちら >

フィトチューン リファイニング ソフナー / リファイニング ソフナーER(よりしっとりタイプ)
商品詳細はこちら >

  1. ポンプ2回分のエマルジョンをコットンにとります。ムラなくすみずみまでエマルジョンをいきわたらせるために、コットンの使用をおすすめします。
     
  2. 両頬は引き上げるようにゆっくりと。額は下から上へ。次に、細かい部分をなじませ、最後に手のひら全体でプレスしましょう。

 
【コットンの持ち方】
利き手の中指・薬指にコットンをのせ、人差し指・小指ではさみます。

 

STEP2 ローションの使い方

セルジェニー ローション/ ローション ER(よりしっとりタイプ)
商品詳細はこちら >

フィトチューン ハイドロ チューナー
商品詳細はこちら >

  1. 500円玉硬貨大のローションをコットンにとります。顔の入り組んだ部分や凹凸のある部分などにムラなく均一にローションをいきわたらせるために、コットンの使用をおすすめします。
     
  2. ゴシゴシとこすらず、下から上へやさしくパッティング。細かい部分もやさしく丁寧にいきわたらせたら、最後に手のひら全体でプレスしましょう。

 
【コットンの持ちかえ】
利き手の中指にコットンをのせ、人差し指・薬指ではさみます。

 

エマルジョンもローションも、すみずみまで、やさしく、丁寧につけるのがポイントです。毎日の基本のスキンケアを見直して、乾燥する秋を美しい肌で乗り切りましょう。

 

お使いのエマルジョンやローションのご感想を、ぜひUser's voiceにお寄せください。投稿をお待ちしています!

User's voiceはこちら >

 

 現在コメントはありません。